服飾美学会webサイト
 
トップページ
 
服飾美学会紹介
入会案内・諸手続
正会員入会申込書PDF
購読会員申込書PDF
事務局
大会・研究会
「服飾美学」学会誌
「服飾美学」総目次
  【第51号〜最新号】
  【第41号〜第50号】
  【第31号〜第40号】
  【第21号〜第30号】
  【第11号〜第20号】
  【第 1号〜第10号】
リンク

リンク 【第51〜最新号】

第55号(平成24年9月30日発行)
文献に見る「唐錦」の変容 福本 有寿子
  祭礼の「唐人」装束
―名古屋東照宮祭礼・茶屋町を事例に―
沖本 清美
オー・ドゥ・フォームの形成過程におけるクェーカー教徒の帽子の役割と意味 平野 大
 

《研究余滴》
『丹波の生活衣』に思う

奥村 萬亀子
 

《研究会発表要旨》
近世初期の武家服飾における小紋染について
―紀州東照宮所蔵「紺地宝尽小紋小袖」を中心に―

福島 雅子
大正・昭和初期における衣服観 田辺 真弓
  [報告]横浜の輸出スカーフ意匠に関する調査研究 山ア 稔惠
 

《博物館案内》
福知山市丹波生活衣館

柿原 志津子


第54号(平成24年3月31日発行)
芭蕉葉文様考
―近世前期小袖文様を手がかりに―
藤井 享子
  アングルの女性肖像画に見る黒衣 齋藤 美保子
 

《研究余滴》
染と藍と

渡辺 くにえ
 

《研究会発表要旨》
東京国立博物館所蔵の江戸時代女性用服飾品模写図「小袖図」等について

佐々木 佳美
  芭蕉葉文様考
―近世前期小袖文様の意味をめぐる一考察―
藤井 享子
講演
現代日本ファッションを美術館で展示すること
高木陽子
『日本の眼』を通してファッションを見る matohu
(デザイナー:
堀畑裕之
関口真希子)
 

《博物館案内》
三菱一号館美術館
― 「KATAGAMI Style」展―

阿佐美 淑子


第53号(平成23年12月発行)
  平安時代の歌合における服飾
―二藍を中心に―
和田 早苗
鈴木春信の服飾表現について(二)
―墨摺絵本に描かれた今様の風俗―
西中村 暁子
 

《研究余滴》
忘れられない「高僧と袈裟」展

野口 ひろみ
《研究会報告》
「松坂屋コレクション 技を極め、美を装う」展見学
河上 繁樹
 

《大会発表要旨》
祭礼の「唐人」装束
―名古屋東照宮祭礼・茶屋町を事例に―

沖本 清美
オー・ドゥ・フォームの形成過程におけるクェーカー教徒の帽子の役割と意味 平野 大
ファッション・イスラーム・伝統の位置づけ
―インドネシア・アチェ人の服飾事例より―
松本 由香
文化学園服飾博物館所蔵『古錦帖』所収「蝶鳥丸文錦」についての一考察 福本有寿子
鈴木春信の服飾表現について(二)
―墨摺絵本の流行描写―
西中村 暁子
近世後期の浮世絵師の画業と染織意匠との関係 大久保 尚子
 

《博物館案内》
京都文化博物館

林 智子


第52号(平成23年3月31日発行)

鈴木春信の服飾表現について
―錦絵にみられる江戸風の好尚―

西中村 暁子
 

家庭小説劇の服飾表現
―明治三十八年の新旧競演を中心に―

根本 由香
 

《研究余滴》
アングルとダリ  香りの視覚化

齋藤 美保子
 

《研究会発表要旨》
歌合における服飾

和田 早苗
 

「ファッション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像―モードと女性美の軌跡―」の展覧会解説

濱田 久仁雄
 

《博物館案内》
太田記念美術館

日野原 健司


第51号(平成22年9月30日発行)
 花兎文様の成立と展開について 黄 韻如
   服飾にみる蜘蛛の巣文様
―大正から昭和初期を中心に―
吉村 佳子
   《研究余滴》
平安朝服飾における青色の諸相
―縹の色目を中心に―
成田 汀
  小笠原流礼法書『女礼集』にみる腰巻について 梅谷 和世
  《報告補遺》
現代イギリスの一般女性の服飾について思うこと
高瀬 磨理子
  《大会発表要旨》
鈴木春信の服飾表現について
西中村 暁子
 

家庭小説劇の服飾表現
―明治三十年代を中心に―

根本 由香
 

講演 
「雁金屋御絵帳」の復元について
―万治四年・寛文三年―

塚本 瑞代
《博物館案内》
神戸ファッション美術館
和田 かおり 




    Copyright(c)2007-2012 服飾美学会 All Right Reserved